松坂牛が美味しいワケ

松坂牛はブランド牛の中で、群を抜いて美味しい牛肉とされています。

それは松坂牛というブランドも、当然関係あるかもしれません。

だって中には普通の牛肉を松坂牛と偽って出されたら、そっかり信じてしまう方もいるかもしれないからです。

ですがたしかにブランド名というのは、大きな印象を与えることも事実かもしれませんが、松坂牛というのは、本当に美味しい牛肉であることは紛れもない事実です。

それは松坂牛を食べればわかりますが、通常お肉の脂に関してもその他の脂に関しても、脂というのはある程度の高い融点というのを必要としています。

ですが松坂牛というのは、その他のお肉に対して融点というのが低く、通常の肉の脂肪が解ける温度よりも低い温度でお肉が解けていくのです。

しかもその融点の低い脂が、肉全体にサシのように入っており、口にれるとふわっと脂と赤みが溶けていくように感じるのです。

また脂身と聞くと、どうしてもしつこいとか、食べすぎるとむかむかするようなイメージがありますが、松坂牛の脂はむかむかするということはないというどころか、肉の持つ臭みといったものもなく肉のうまみはもちろん、甘味さえも感じられるのです。

この松坂牛の美味しさの秘密とはいったい何なのでしょうか、

それはビールを与えたり、焼酎の醸造で出たいわゆる残りなどを、牛に餌としてあげているからであるとも言われています。

ですがたしかにこだわりの飼料も関係あるかもしれませんが、最大の松坂牛の美味しい原因というのは、やっぱり育てる人の愛情なのではないでしょうか。

Comments are closed.