和牛とは国産牛とは

スーパーなどで牛肉のお肉売り場などに行くとわかりますが、簡単にお肉といっても、和牛や黒毛和牛、国産牛など、いろいろな牛肉の種類があるのがわかります。

和牛は和の牛、国産の牛であるだろうし、国産牛はもちろん国内産の牛肉であろうことから、どのお肉も同じ日本の牛であり違いを問われても、なんだか分かりにくくはないでしょうか?

ですが実はスーパーなどで売られているお肉というのは、同じようにメイドインジャパンのような気もしますが、そこは規定によってきちんとどの牛肉を名乗っていいのかは、ちゃんと定められているのです。

では松坂牛などのブランド牛は、どの分類に入るのかというと、基本的に和牛と名乗っていいのは「黒毛和種」に「褐毛和種」に「日本短角種」に「無角和種」になります。

もちろん松坂牛もこの和牛に分類されますし、神戸牛や佐賀牛など名だたるブランド牛もこの和牛に分類されます。

では和牛に対して国産牛というのは、どういった違いがあるのかというと、国産牛というのは3か月以上日本で育ったすべての牛が国産牛という分類に入ります。

ということは、外国で生まれてある程度育った牛でも、日本で3か月以上育てられると国産牛のくくりに入ってしまうのです。

このように牛肉の分類の詳細がわかると、和牛の方が高級で国産牛はお得というの理由も見えてきます。

ただしお肉の好みというのもあるので、一概にどちらのお肉が絶対にいいというのは言えません。

Categories: 和牛と国産牛
7月
7

Comments are closed.