そもそも松坂牛とはどんな牛?

松坂牛というのは、松阪市で育ったら、すべて松坂牛と名乗っていいわけではありません。

松坂牛の協会などもあるし、その協会で定められた規定により、松坂牛と名乗っていいのは、松阪市の特定地域で育てられた出産経験のない、雌の黒毛和牛の牛だけと決められているのです。

では松坂牛を語る上で松坂牛と名乗っていい種類というのは、上記のような黒毛和牛の特定地域のメス牛だけで、該当すればどんな飼育法で育った牛でも、すべて美味しい松坂牛となるのかと言えば、決してそうとは言えません。

やはりそこは天下の松坂牛、決められた松坂牛の規定の厳しいのもさることながら、その飼育法にも並々ならぬこだわりを持った飼育農家というのが、たくさんあるのです。

たとえばこだわりの飼育農家の中には、全国から血統を選りすぐった黒毛和牛の子牛を厳選した後、ビールを飼料の一つとして与えたり、焼酎で全身をマッサージしたり、また焼酎の残りかすを与えたり、クラシックを利かせたりと独自のこだわりの飼育法を実践している飼育農家の方もいます。

また飼育小屋も常にきれいにするのは当然のこと、飼育をしている周囲の環境もきれいな水や環境のいい場所を選んで、愛情と手塩にかけて松坂牛を育てているのです。

そんな愛情たっぷりに育てられた松坂牛というのは、肉には霜が降りサシがきれいに入っているのが特徴です。

いわば大事に愛情と手間をかけて育てられた、お肉の芸術作品…それが松坂牛であると言えるのです。

★牛の個体識別業務について

8月
8

Comments are closed.